東京都港区のオフィスアルファのお役立ちコラム

株式会社オフィスアルファのお役立ちコラムを随時
掲載していきます。

2019.10.15オフィスに観葉植物を!おすすめの植物を紹介

オフィスにグリーンを取り入れたインテリアは、「ストレス緩和」などの理由から注目されています。
そこで今回は、オフィスに観葉植物を置くメリットや効果、お手入れが苦手な人向きの観葉植物についてご紹介します。

 

オフィスに観葉植物を置くメリット

オフィスは機能面から、無機質な空間になりがちです。
しかし、そこに観葉植物を1つ置くだけで、オフィス内は見た目だけではなくさまざまなメリットが得られます。

観葉植物をオフィスに置くとおしゃれなインテリア

オフィスにたった1つの観葉植物を置くだけで、これまでの印象を大きく変えてくれます。
インテリアにこだわるオフィスが増えていますが、白や黒を貴重としたデザインでも観葉植物のグリーンはインテリアの邪魔をしません。
観葉植物といっても緑単色ではなく白や赤が混ざった品種もあるので、どんなインテリアにもメリット効果は大きいでしょう。

オフィスの観葉植物に水やりで成長を楽しめる

オフィスは業務をする場所だけではなく、社員とのコミュニケーションを取ったり新しいアイデアを発見したりと多目的な空間でもあります。
観葉植物は水やりが必要不可欠なため、オフィス内で植物の成長を楽しめるという場が出来上がり、業務の息抜きができるのもメリットです。

オフィスデスクに観葉植物を置くと雰囲気が変わる

オフィスのデスクに観葉植物を置くだけで、殺風景な景色を変えてくれます。
多くのオフィスではエントランスや応接室などに観葉植物を置いていますが、デスク用の小さな植物を取り入れたインテリアもおすすめです。

デスク向けの観葉植物でおすすめなのが、次の品種です。

・パキラ
・ポトス
・ペペロミア

小さな植木鉢で育てられ、日々の成長を感じられます。

 

観葉植物をオフィスに取り入れた効果がすごい!

観葉植物をオフィスに置くと、インテリアだけではない効果もたくさんあります。
作業効率にも影響するため、ぜひ取り入れてみてください。

精神を落ち着かせる

さまざまな研究結果で、観葉植物などを見ることで視覚疲労の回復や緩和、血圧や心拍数を安定にするというデータが報告されています。
仕事中、パソコンや書類ばかり見続けている環境が続くと、ストレスが溜まります。
観葉植物にはストレス解消の効果があるため、オフィスに取り入れると作業効率アップも期待できます。

空気をキレイにしてくれる

観葉植物はオフィス内の壁紙や家具、インテリアなどから放出される微量の汚染物質を吸収し、浄化してキレイな空気にする働きがあると言われています。
オフィス内の空気をリフレッシュしてくれるので、心地よく作業できる空間を作ってくれますよ。

オフィス内のカビを減少

観葉植物は水やりなどの影響からカビなど心配ですが、植物を部屋に置かないのと比べるとカビの胞子数は少ないのだそう。
植物が化学物質(フィトンチッド)を放出して、空気中の微生物などの攻撃から見を守るための働きが関係しているそうです。
観葉植物を置くことで、室内環境も良くなるのもメリットですね。

室内の湿度をアップする

観葉植物は、根から吸い上げた水分を水蒸気として外部へ放出(蒸散)します。
水分の中に含まれる余分なものを吐き出すのですが、この働きによって空調などで乾燥したオフィス内の湿度アップできます。
植物の種類や大きさによりますが、20~30%の湿度上昇効果を期待できるそうです。

 

観葉植物は造花をオフィスに飾ると便利

オフィス内の印象を変えるだけなら、観葉植物の造花でも問題ないでしょう。
最近の造花は本物さながらに作られた観葉植物が多く、本物と偽物の区別がつかないケースが多いです。
造花は枯れませんし、育てる必要もありません。
長い連休でオフィスを空ける時も心配する必要がありません。
ただし、ほこりなどの汚れが付いたままだと清潔感が感じられないので、掃除はしっかり行いましょう。

 

オフィスの観葉植物はレンタルもできる

空気の浄化や社員のリラックス効果のために、観葉植物をオフィスに置くことはメリットが多いです。
しかし、植物を育てたことがない、面倒に感じるといったことから「植物を置くのは困難」と判断するケースもあるでしょう。
そんな時は、観葉植物のレンタルも検討してみましょう。
レンタルなら専門スタッフがオフィスのインテリアに合わせた観葉植物を選んでくれたり、育てやすさを考えてくれたりと環境に合わせて設置してくれます。
「植物の世話は大変だけど、オフィスに置きたい」という場合は、レンタルがおすすめです。

 

まとめ|オフィスは半日陰の観葉植物がおすすめ

観葉植物は日当たり良好な場所で育つ品種のほか、半日陰や日陰を好むものもあります。
オフィスによって日当たりは異なるので、半日陰の観葉植物を選ぶと失敗しません。
また、半日陰の観葉植物はオフィスをレイアウトしたときも、置き場所に困らないなどのメリットがあります。
デスクの上や給湯室、応接室、エントランスなど、好きな場所に置けて便利です。

関連記事